2014年07月04日

呪怨 -終わりの始まり-

蘇我で観てまいりました。

「呪怨 -終わりの始まり-」(公式)

この「呪怨」シリーズ。

毎回見てはいるものの、やはり最初の劇場版や、OVA版の怖さにはかなわない。

今回の最新作も、見所は最後の伽耶子のシーンぐらい。

例の階段降りかと思いきや、まさかの階段上りとはビックリあせあせ(飛び散る汗)

新作というよりも、似た様な見た様なシーンが多々あり、

リメイク!?とかも思ったり。

ほぼ呪いのメインは俊雄で、これがまたあまり可愛くない(苦笑)

正直、新作を作るごとに、

今までの不気味さや、背筋がゾッとする様な怖さが、

だんだん失われていってる様な気が・・・たらーっ(汗)

とまぁ、内容的にはちょっとガッカリではあったのですが、

それでも僕にとっては良いんです。

だって、大好きな佐々木希がいっぱい見れたから。

ほんのちょーっと、サービスシーンもありつつ・・・。

うんうん。

これで良いのだ(笑)

おわり。
posted by ヒロポク at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

アナと雪の女王

無料券とポイントを使って、嫁と観て来ました。

今話題の映画ですが、

「レリゴー」

「ありの〜ままの〜」

はっきり言って、

主題歌だけが一人歩きしている感もしますよね…あせあせ(飛び散る汗)

しかしながら、その主題歌はもちろんの事、

内容もなかなか良かったです☆

途中途中で歌があるので、

ちょっとミュージカルっぽい感じもしましたが、

ディズニーの真骨頂とも言える、

愛と勇気と友情。

上手く盛り込まれていて、面白かったです。

そして何より、映像の美しさきらきら

嫁に合わせて吹き替え版を観たのですが、

こっちで観て良かったかなと、

思いました。

おわり
posted by ヒロポク at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

永遠の0

いやぁ、久しぶり。

基本的に、休みの日はDVDで映画を見てるんですが、

映画館に行くのは、本当に久しぶり。

それも、ポイントカードの有効期限が近づいていたので、

半ば無理やりって感じですが(苦笑)

でも、やっぱり映画館の迫力は違いますね。


ということで、

観たのは「永遠の0」という作品。

「永遠の0」(公式)

“日本帝国海軍一の臆病者”と言われ、

生きる事に執着した祖父が、なぜ特攻隊に志願したのか・・・。

その裏に秘められた、家族への愛。

これを紐解いていくストーリーなのですが。

うーん、これがなかなか感動しましたぁぴかぴか(新しい)

あの時代、国の為に自らの命を捧げる。

これが当然な考えだった中で、

「家族のために生きる、死にたくない」

まぁ中には同じ思いだった人も沢山いたとは思いますが、

これを堂々と言える勇気。

しかし、そんな自分は教え子達の死の上に生かされているんだという、

何ともやりきれない、心の葛藤・・・。

そして、死を覚悟した時にとった最愛の家族への愛。

いやぁ、切なかったなぁもうやだ〜(悲しい顔)


ちょっと強引かな・・・って思いも少しましたが、

まぁ映画ですから多少はねぇ。

とはいえ、本当に感動しました。

これは観て良かったです。

そしてまた、岡田准一がカッコ良かったなぁ。


多かれ少なかれ。

人間には、家族、恋人、友人・・・

それぞれにとって、様々なドラマがあります。

戦争に趣いた方々、それを見送った方々、一人ひとりに。

この映画は、その物語のほんの一つ。

それを忘れてはいけないと思いました。

おわり。

押して頂くと→banner_04.gifランキングに反映されます。
            一つ、宜しくお願いします黒ハート

posted by ヒロポク at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

ファインド・アウト

今年4本目。

「ファインド・アウト」

「TIME」・「レ・ミゼラブル」でおなじみ。

今、僕が一番好きな女優のアマンダさん。

この「ファインド・アウト」は正直DVDでも良いかったかなぁと、

そう思う内容でした。

緊張感と最後まで解けない謎。

誰が言ってるのが真実なのか・・・。

魅力たっぷりで、

その迫真の演技に引き込まれていきますよ。

大画面でアマンダさんが観れただけで良しっexclamation×2

かな(笑)

おわり。

個人的にアマンダさんの出演作好きなのは、

「マンマ・ミーア」と「ジュリエットからの手紙」ですかねぇ。

これからも大注目ですグッド(上向き矢印)

押して頂くと→banner_04.gifランキングに反映されます。
            一つ、宜しくお願いします黒ハート

posted by ヒロポク at 14:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

オブリビオン

今年3本目。

「オブリビオン」

久しぶりに映画館に行って観ました。

やっぱDVDと違って迫力が違う。

トムクルーズ主演って事で、

期待感が大きかったのか、

「なるほどなぁ」

って感じでした。

映像美はすごく綺麗で、ハラハラドキドキ。

迫力あって良かったんですが、

ラストが、

「そっちでも良いんやexclamation&question

と、思ってしまう今日この頃でした。

まぁハッピーエンドっちゃそれで良いんですけどね。

感情移入の問題かな。

貯まったポイントで観て良かったと感じました。

おわり。

押して頂くと→banner_04.gifランキングに反映されます。
            一つ、宜しくお願いします黒ハート

posted by ヒロポク at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

ゼロ・ダーク・サーティ

今年2本目。

「ゼロ・ダーク・サーティ」(公式)

ここ最近、DVDで映画は良く観ますが、

なかなか映画館には行けてない感がありますが・・・。

そんな中、観て来ました。

思わず、当時テレビニュースで見ていた光景を思い出しました。

世界貿易センタービル、そして国防総省への飛行機突入。

あれは怖かったなぁ・・・たらーっ(汗)

「9・11」

ビンラディン殺害の真実。

まぁ、どこまでが真実なのかは分かりませんが、

大きくは違わないんでしょう。

前半は淡々と進んでいきますが、後半の圧倒的緊張感。

結末は分かっていても、さすがでした。

でも、面白かったのは面白かったんですが、

個人的には「デビルズ・ダブル」の方が衝撃的でした。

フセインの息子の影武者を描いた、これも事実を基にした物語。

少しジャンルが違うかも分かりませんが、お暇があれば是非見てみて下さい。

それにしても、ラストシーンでマヤが流す涙。

どういう意味があるんでしょうねぇ。

これで終わったという達成感なのか、

それとも、これがまた新たな始まりという虚しさなのか・・・。

そうそう。

タイトルの「ゼロ・ダーク・サーティ」の意味は、

軍事用語で午前0時30分の事だそうです。

ビンラディン殺害の作戦実行の時間って事ですねぇひらめき

おわり。

ここを押して頂くと→banner_04.gifランキングに反映されます。
            一つ、宜しくお願いします黒ハート

posted by ヒロポク at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

007 スカイフォール

年末は「レ・ミゼラブル」に感動したりと、

暇を見つけては、ちょくちょく映画を観に行ってたんですが、

いつからか、映画の感想を書く事もしなくなりました・・・たらーっ(汗)

サボってはいかんと、今年からは真面目に書こうと思います。

って事で、今年1本目。

「007 スカイフォール」

容姿端麗。

青い透き通るような目。

そして、あの筋肉。

いやぁ、やっぱりダニエル・クレイグは格好良いですねぇぴかぴか(新しい)

タキシード姿もスマートで、本当にボンドが似合います。

アクションも満載で、無駄に見せつける肉体美も相変わらず(笑)

まさか、実家がスカイフォールとは・・・。

とにもかくにも、格好良かったです。

冒頭で、自分が乗ってるのと同じ車がクレーンで踏み潰され、

グチャグチャになったのが、ちょっと複雑でしたダッシュ(走り出すさま)

「007 スカイフォール」(公式)

おわり。

ここを押して頂くと→banner_04.gifランキングに反映されます。
            一つ、宜しくお願いします黒ハート

posted by ヒロポク at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

アンダーワールド 覚醒

今年12本目。

「アンダーワールド 覚醒」(公式)

雰囲気的に、少しバイオ・ハザードと似てはいるものの、やはり別物。

美しいヒロインが繰り広げるアクションがまたカッコいいです。

実は、今作の予告を見て、初めて今までのシリーズをDVDで借りて見ました。

存在自体は知っていたものの、今まで見たこと無かったんですが、

その独特の世界観にすっかりハマってしまいましたひらめき

まぁでも、今までの物と比べると内容的にも薄いので、

ちょっと物足りない感じがしました。

それに、わざわざ3Dで観るほどでも無いかなと・・・たらーっ(汗)

しかしながら、本当に綺麗でカッコいいケイト・ベッキンセール。

どうしても、ミラ・ジョボビッチと被っちゃいますね(笑)

その辺りも、バイオ・ハザードと似てると言われる由縁かも。

今作で登場したイヴですが、

その出生の秘密もふまえ、より濃い内容を次回作で期待してます。

ココを押して頂くと→banner_04.gifランキングに反映されます。
            一つ、宜しくお願いします黒ハート

posted by ヒロポク at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

顔のないスパイ

今年11本目。

「顔のないスパイ」(公式)

犯人はすぐに分かるんですけどねぇ、

というか、予告の段階でバレバレというか。

だからこの後、どんなどんでん返しがあるのかと思ってたんですが・・・。

オチ的にはよくあるパターンだったんですけど、

ボケーっと安心して見てたら、まんまと引っ掛かって騙されました(笑)

リチャード・ギアの憂いのある笑顔に隠された悲しみの真実。

サスペンスの部分だけでなく、ドラマ的にも見ごたえありました。

ココを押して頂くと→banner_04.gifランキングに反映されます。
            一つ、宜しくお願いします黒ハート

posted by ヒロポク at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

アフロ田中

今年10本目。

「アフロ田中」(公式)

いやぁ、くだらないけど面白い。

男なら「分かるわぁ」って場面も多々あり、

すごいツッコミたくても、映画館なんで出来ない。

そんなむずがゆさもあります(笑)

そりゃ、佐々木希みたいなのが隣に引っ越してきたら、

誰でもそうなりますわ。

なんか、「おっぱいバレー」の様に、

男ってどうしようもないぐらいアホだけど、

男って最高だなぁと思う。

そう思わせてくれる映画でしたかわいい

ココを押して頂くと→banner_04.gifランキングに反映されます。
            一つ、宜しくお願いします黒ハート

posted by ヒロポク at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

TIME/タイム

今年9本目。

「TIME/タイム」(公式)

時間が通貨となる。

まさに、タイム・イズ・マネーな世界ですが、

なかなか斬新な感じで面白かったです。

カウントが少なくなればなるほど、増す緊張感にハラハラドキドキ。

人類みな平等なんて言いますが、

どこの世界にも、格差があり誰かが得をし、誰かが損をする。

そんなメッセージ性のある、いわば社会派サスペンスって感じでした。

それにしても、主演のアマンダ・セイフライトが可愛いぴかぴか(新しい)

ちょっと佐々木希っぽい、そんな子悪魔さを持つ魅力にはまりました。


PS.

これまで沢山の映画を観て来ましたが、

実は、これが封切初日に観た初めての映画なのでした。

ココを押して頂くと→banner_04.gifランキングに反映されます。
            一つ、宜しくお願いします黒ハート

posted by ヒロポク at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

ドラゴン・タトゥーの女

今年8本目。

「ドラゴン・タトゥーの女」(公式)

世界的ベストセラーのハリウッドリメイク版。

オリジナルのスウェーデン版も観ましたが、

面白かったのは面白かったですけど、

正直全然知らない俳優さんばっかりだったので、

あまり感情移入が出来なかったというか・・・。

そこへ今回、ダニエル・クレイグが登場という事で、

非常にすんなり観ることが出来ました(笑)

やっぱりカッコいいですぴかぴか(新しい)

ちょっと過激な映像もありますが、

リスベットのぶっ飛び具合もそのままに、

非常に面白かったです。

最初は、登場人物が多くてちょっと混乱する部分もありますが、

徐々に点と線が繋がっていく展開は、ハラハラドキドキです。

今のところ、今年見た8本の中では、一番かなぁ。

第2部、そして第3部が楽しみです。


・・・それにしても、

まさかダニエル・クレイグのモザイクシーンを見るとは・・・あせあせ(飛び散る汗)

普通の映画(普通って・・・笑)で、

モザイクシーンを見るのは、かなり久々かも(笑)

ココを押して頂くと→banner_04.gifランキングに反映されます。
            一つ、宜しくお願いします黒ハート

posted by ヒロポク at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

ペントハウス

今年7本目。

「ペントハウス」(公式)

ベン・スティラーとエディ・マーフィのコンビなので、

結構コメディ色が強いのかと思いきや、案外そうでもなく。

まぁ、随所には笑いは散りばれられてますけど。

騙し取られたお金を取り戻すという、

完璧に練られた作戦で、そしてまた用意周到な泥棒ではなく、

行き当たりばったりで大胆不敵。

素人軍団って所がまた、何か妙な親近感があって面白かったです。

自分は正直、「ナイト・ミュージアム」ぐらいでしか観た事はありませんが、

ベン・スティラーもまた、良いですね。

もうちょっと、エディ・マーフィの出番が見たかったかなぁ。

なかなかの痛快ムービーでしたかわいい

ココを押して頂くと→banner_04.gifランキングに反映されます。
            一つ、宜しくお願いします黒ハート

posted by ヒロポク at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

J・エドガー

今年6本目。

「J・エドガー」(公式)

FBI初代長官で、歴代8人の大統領が恐れた男。

その男の半生を描いた作品で、ディカプリオの演技が強烈です。

ただ、物語が淡々と進んでいくので、夜勤明けの頭にはキツく、

前半は眠気との戦いでした・・・途中、ちょっと負けたりしましたけど眠い(睡眠)

でも、時系列があれよあれよと入り組みながら進んでいく割には、

すんなりと違和感無く見れるってのは、凄かったです。

「正義」の為には、犯罪まがいの方法もじさない。

さらには、法をも捻じ曲げる。

そんな強気な男の中にも、人間らしい弱い内面も持つ。

予備知識があったらもっと面白く見れたかも知れませんが、

まぁウキペディアで調べただけでも、

ここまで感心して見れたんで良しとします(笑)

ココを押して頂くと→banner_04.gifランキングに反映されます。
            一つ、宜しくお願いします黒ハート

posted by ヒロポク at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

マイウェイ 12,000キロの真実

今年5本目。

「マイウェイ 12,000キロの真実」(公式)

真実を基にしているそうですが、

あまりにも話がうまく出来すぎているせいか、逆にリアルさがなく、

感動したくても、いまいち上手く感動出来ませんでした・・・ダッシュ(走り出すさま)

けど、主役2人の演技も素晴らしく、そしてカッコ良かったですし、

なかでも、戦闘シーンは圧巻の迫力でした。

そして、山本太郎のウザさも・・・笑。

(もちのろん、この劇中の役に対してですが・・・)


同じカン・ジェギュ作品ということで、

ストーリー的にも、どうしても比べてしまうんですが、

「ブラザー・フッド」の方が、僕は好きですねぇ。


あと、ほんの一瞬だけKARAのニコルが出演してますが、

たいした事はありません(笑)

ココを押して頂くと→banner_04.gifランキングに反映されます。
            一つ、宜しくお願いします黒ハート

posted by ヒロポク at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬

今年4本目。

「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」(公式)

トム・クルーズの様な、全てにおいて完璧なエージェントもいれば、

こんなおちゃらけなエージェントもいるんだなと。

それもそのはず、だって「Mr.ビーン」のローワン・アトキンソンですもんね。

よーく、よーく、よーく目を細めて見れば、

ちょっとジョージ・クルーニっぽくも見えなくも無いですが(笑)

まぁ、よく喋る「Mr.ビーン」って感じでした。

でも、正直もっとコメディなのかなと思ってたら、意外にも話がしっかりしてました。

なので、よい感じに緊張もほぐれて、すごい見やすかったです。

ギャグもなかなか笑えましたし。

前作は未見だったので、帰りにレンタル屋に行ってみたんですが、

貸し出し中でした・・・ダッシュ(走り出すさま)

また今度、見てみたいと思います。

そういえば、エンドロールにおまけがあるんで、

最後まで席を立たない方が良いかもです。

ココを押して頂くと→banner_04.gifランキングに反映されます。
            一つ、宜しくお願いします黒ハート

posted by ヒロポク at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

ロボジー

今年3本目。

「ロボジー」(公式)

ほっとする様な笑いの数々、良かったですねぇかわいい

開発員の3人のコントの様なやり取りも面白かったですし、

吉高由里子の可愛らしいコミカルな演技もそう、

そしてロボットの中に入るミッキー・カーチスもそう。

ただの頑固じじいが、徐々に輝きを取り戻していく、

バレるか、バレないか、ギリギリの攻防の面白さ、

そして、孫たちへのサプライズプレゼントには、ちょっと感動です。

じじいの夢は永遠なりぴかぴか(新しい)

このラストも良かったです。


あ、あと全然関係ないんですが、

この作品は北九州で撮影が行われていたみたいで、

門司港の駅前なんかが映ると、ここ遠征の時に観光したなぁと、

ちょっと嬉しくなりました(笑)

ココを押して頂くと→banner_04.gifランキングに反映されます。
            一つ、宜しくお願いします黒ハート

posted by ヒロポク at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-

今年2本目。

「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」(公式)

今よりも個性が許されなかった時代。

誰よりも戦争に反対した男が、開戦の火ぶたを切る。

あまりに虚しく、そして不条理・・・。

それでも決断しないといけない、その心の葛藤。

すごく深く熱い映画でした。

ちょっと間延びしたのと、最後があっさりし過ぎてたのが残念でしたが・・・。

今の世の中、これぐらいの信念と情熱を持ったリーダーがいればなと思いました。

役所広司、すごくかっこ良かったです。

それから、周りのお客さんの年齢層がすごく高く、

中には、懐かしいわぁなんて、そんな事を言って帰ってたおじいちゃんが居て、

さすがに、驚きました(笑)

ココを押して頂くと→banner_04.gifランキングに反映されます。
            一つ、宜しくお願いします黒ハート

posted by ヒロポク at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

今年1本目

「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」(公式)

本日は、今年初のお休みという事で、映画初めです。

トムクルーズ。

さすがに、第一作目の頃と比べると年を取りましたが、

またそれが、良い感じにダンディーさが増して、カッコいいんですよねぴかぴか(新しい)

相変わらずのハラハラドキドキのミッション。

まぁちょっと爆発のシーンのCGはイマイチな感じがしますが、

強くて頭が良くて仲間想い。

そして何といっても、そのカッコ良さ。

中でも、ドバイでの超高層ビルでのアクションシーンは圧巻です。

気分爽快ですグッド(上向き矢印)

また、終始緊張しっぱなしでは無く、

所々にすこし笑いを入れて見せる所も上手いと思います。

続編ありな感じで終わる最後もまた、カッコいいです。

とにかくカッコいい。

これに尽きますねぇかわいい

ココを押して頂くと→banner_04.gifランキングに反映されます。
            一つ、宜しくお願いします黒ハート

posted by ヒロポク at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

ステキな金縛り

今年36本目。

「ステキな金縛り」(公式)

それなりに笑え、面白かったですが、

正直、期待していたほどではなかったかなぁ。

シュールなツッコミ所も、三谷ワールドの良さのひとつですが、

変に間延びして、途中ちょっと中だるみしちゃったのが残念。

個人的には、「マジックアワー」や「有頂天ホテル」の方が好みでした。

しかしまぁ、随所に現れる豪華ゲスト陣や、

過去の作品を知ってる人にはちょっと嬉しい演出もあり。

その辺は楽しかったですねぇ。

愉快な幽霊役の西田敏行もさることながら、

色んな登場人物がいる中でも、特に深津絵里。

何をやっても可愛らしいその姿には、癒されますかわいい

ココを押して頂くと→banner_04.gifランキングに反映されます。
            一つ、宜しくお願いします黒ハート

posted by ヒロポク at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。