2014年01月13日

最蹴章

いやぁ、国立最後。

今年の高校サッカー決勝戦。

まさに“最蹴章”にふさわしい、

素晴しい試合でしたねグッド(上向き矢印)

あれだけ攻められながらも、

一本のチャンスを決め2点をリードした星稜にさすがと思いましたが、

諦めない攻めの姿勢が実った残り5分の富山第一。

あの場面のPKは、凄まじいプレッシャーだったと思います。

そして延長戦の決勝点。

まさにドラマでした。

それから何と言っても、

大塚監督(父)と10番・大塚翔選手(息子)の抱き合う場面。

感動しましたぴかぴか(新しい)

息子が自分のチームの選手という事で、

監督には色んな葛藤があったとは思いますが、

見事に結果で答え、夢を叶えた息子との親子愛。

いいなぁ。

いろんな意味で、お腹いっぱいになりました。

富山第一のみなさん、おめでとうございましたぁ。

おわり。

押して頂くと→banner_04.gifランキングに反映されます。
            一つ、宜しくお願いします黒ハート

posted by ヒロポク at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。